運(ツキ)がない話

運(ツキ)がない話 に関する情報を紹介しています。

失業保険戦略家一太郎の期間工6ヶ月計画

失業したら、期間工へ





失業保険戦略家一太郎の期間工6ヶ月計画TOP > スポンサー広告
> スポンサーサイト> 期間工日記
> 運(ツキ)がない話
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

期間工と関係ない話


話はさかのぼりますが、うちの部署の正社員の方が8月12日の明け方8時位に死亡事故を起こしたらしいです。ツキがないどころの話じゃありませんが…
20日の盆休み明けに、緊急集会がありました。他人ごととは言え、あまり気分のいい話ではありませんでした。
詳細はこうです。

場所は岡崎の峠途中の民家が両サイドに10件くらい軒を連ねる緩やかな片側1車線の登りカーブで、トヨタ社員(20代)の運転しているスポーツカーが制限速度50キロのところを60キロで走行中に事故発生。反対車線から被害者(60代主婦)の運転する軽自動車が右折しようとカーブなかばの中央分離帯を越えた時に、社員の車と正面衝突し、ショックで軽自動車は後方ガードレールに激突。被害者はシートベルト無着用による胸強打のため、2時間後に死亡。

被害者死亡のために、詳細はトヨタ社員の話らしいが、いきなり自車線に飛び込んできたらしい。多分カーブ途中、対向車線向こうにある精米所に行くため右折したらしいとのこと。また、右折のウインカーは無かったらしい。

この話を課長から報告を受け、さらに帰りがけに緊急交通安全ミーティング。

ここで、交通安全リーダーから上記の話の詳細を受け、組全体で事故防止策を考える。

はっきりいって、話を聞けば聞くほど、社員はツイてないだけだったと思うのだが…そんなこと誰もいえないけど。

もしもの話だが、

もし、被害者がシートベルトをしていたなら、死亡はなかったかもしれない。

もし、60代の主婦じゃなかったら。申し訳ないが女性の運転は無謀だと思う。ウインカー出さない、いきなり確認せずに割り込む、すぐパニックになる等… この女性もカーブの先の精米所しか視界になかったのか?と疑うような運転操作に思える。ついでにウインカー出してないし。

もし、被害者の車が軽自動車じゃなかったら、事故の衝撃で後方のカードレールに激突するまでの衝撃はなかったかも知れない。また、エアーバックも装備されてたかもしれない。

もし、社員のスポーツカーが時速50キロだったら、正面衝突ではなく、軽自動車の後方に当たった程度かもしれない。

もし、社員のスポーツカーが時速40キロだったら、間一髪で事故は無かったかもしれない。

まだまだ、もしは考えられるが、シートベルトをせず、無謀運転をしたのは、60代主婦の方じゃないのか?これが死亡事故じゃなく、お互い軽症程度なら、7対3くらいで軽自動車が悪いのではと思う。

しかし、相手は死亡したのである。情状酌量こそあれ、その社員は業務上過失致死罪は間違いないだろう。また、トヨタは首である。

しかし、もし、社員が後20キロスピードを落としていたなら、事故は防げただろう。

もし、社員がもう少し、安全運転技術があったなら、カーブの手前では減速し、足はブレーキの上に置いていつでも止まれる体勢で進み、カーブの終わりに加速を心がていたら、直前で止まれたかもしれない。

もし、相手がおばさんなら、運転が危なかしい人種だと気づいて、相手の目線等から自分を認識しているかを気をつけていたら、減速したかも知れない。

これらのもしは、運転暦の長いドライバーなら無意識でしていることらしい。

こう考えると、運(ツキ)とは、自分の日頃のこころがけ等にも結構関係あるのではないかと考えてしまうのである。不謹慎だが、運(ツキ)は自分で呼び込むものではないかと別のことを考えてしまった。

あなたはツキを呼び込む努力をしていますか?
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://chairman110.blog67.fc2.com/tb.php/85-c5113ce3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。