失業中働くと基本手当てはどうなるのか?

失業中働くと基本手当てはどうなるのか? に関する情報を紹介しています。

失業保険戦略家一太郎の期間工6ヶ月計画

失業したら、期間工へ





失業保険戦略家一太郎の期間工6ヶ月計画TOP > スポンサー広告
> スポンサーサイト> 失業保険マニュアル
> 失業中働くと基本手当てはどうなるのか?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

失業中の人が失業保険から失業給付を受けるには、4週間に1回、ハローワークに行き、失業の認定を受ける必要があります。 その際に提出する失業認定申告書には、求職活動の状況や失業期間中に就労したか、内職や手伝いをしたかを記入します。

就職または就労とみなされるケース
ア.会社に採用された(試用期間、研修期間も含む)
イ.自営業を始めた(会社の役員や嘱託社員も含む)
ウ.パート、アルバイト、派遣社員で働いた
エ.原則は1日4時間以上の労働時間は、就労したとみなされ基本手当てはもらえません。

内職や手伝いとみなされるケースは上記以外のケースで、1日の労働時間が4時間未満の場合です。他人の仕事の手伝いやボランティア活動を指します。ネットでの収入はこのケースにあたりますが、この場合は注意点もあります。

以上のケースで基本手当てが支給されない日については、減額されるわけではなく、退職の翌日から原則1年間であれば、持ち越されるだけで、給付日数が減るわけではありません。ただし、就職とみなされたら、その日以降の給付金はもらえません。就業手当てになります(これはあんまり、おいしくありません。失業手当の3割程度です。条件もありますし…)

まあ、以上のことを踏まえた上でいえることは、失業手当が満額ほしくて、しかも早くほしい人は、お金になるようなことはしない。これが一番安全です。

また、アルバイトしても給付日数が減るわけではないので、おいしい仕事があれば週に1,2回程度(休日がベターです、なぜなら認定日は平日なので)やるのなら、問題ないです。支給額最近少なし、食っていけない人は短期高額バイトがお薦めです。その場合もあんまりアルバイトしすぎるとこの場合も就職したとみなされる場合があります。気をつけましょう!!!

注意点:内職収入と基本手当てを合わせた金額が離職前の賃金を上回ると基本手当てが減額されます。ネット収入ですが、安易に現金に換えると危険です。提携先に出来るだけ貯金しておきましょう!!! 失業手当もらい切ってからドカッと現金に換算した方がよろしいかと。お役所に何かお伺いをたてる時の姿勢は、聞かれたら答える。必要以上はしゃべらない。 これ以上はいえません。自分でかんがえましょう。

基本手当て減額の基準
全額支給 1日の収入-1,342円+基本手当<=賃金日額×80%
減額支給 1日の収入-1,342円+基本手当>賃金日額×80%
支給なし 1日の収入-1,342円+基本手当-賃金日額×80%>=基本手当

賃金日額とは:退職前6ヶ月間に支払われた賃金の総額÷180日

  

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://chairman110.blog67.fc2.com/tb.php/67-e3ef7060
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。