現役トヨタ工員は思う。リコール問題について

現役トヨタ工員は思う。リコール問題について に関する情報を紹介しています。

失業保険戦略家一太郎の期間工6ヶ月計画

失業したら、期間工へ





失業保険戦略家一太郎の期間工6ヶ月計画TOP > スポンサー広告
> スポンサーサイト> 期間工日記
> 現役トヨタ工員は思う。リコール問題について
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
遅番で何気にテレビつけてたら、びっくり。

トヨタ自動車製ハイラックスリコール問題で部長3人逮捕!!! 

って、あちこちのテレビ局が放送してるじゃないですか


なんか、朝礼なんかで、GL(現場責任者)が「今日も一日、安全と品質管理には、十分気をつけましょう!!!」なんて、朝早くから、シコシコ頑張って現場は車作ってるのになぁ~

あれは、何だったのでしょう???
県警も天下のトヨタの部長3人も逮捕するんだから、よっぽど確証があるんだろうなぁ~(トヨタ側の見解は否定的だが…)


結構、一太郎、トヨタの車に対する取り組み方、尊敬してたんです。

企業コンプライアンスとか品質管理とかの取り組みかたを…

なんか、現場は結構品質に対する取り組み意識は高いのに、上が隠蔽、放置じゃなぁ~

思った以上に現場の方は、品質にたいする取り組み意識は高いんですよ。私ら期間工なんかでも、研修期間を通し、また職場においても、QC活動やら、PQ活動(部内で100%品質保証をする活動)なんか参加させられたり。

工程内では、2重3重の品質チェックしたり(昨日話しました意地悪チェックなんかがそうです)。

後、農家とかがよく実施している、生産者表示(私が品質保証します。安心してお乗り下さい)とか。

また、トヨタのエンジンって、エンジン番号でいつ、だれが、どこの部分、作ったかわかるように管理されてるんですよ。

たった、6ヶ月間しかいない期間工にたいしても、エンジンの構造、仕組みを理解してもらうため、ラインじゃなく、指導員立会いのもと、車一台分のエンジン手作りしたり。

最後に自分の写真入り認定書もらって、ちょっとだけ、うれしかったりと。

なんか、いろいろいっても言い訳みたいで悲しくなってきたのでもうやめます


トヨタ自動車を擁護する訳じゃないけど、悲しい気分です。



別に、不具合をせめる気にもなりません。
明らかに対応ミスです。

年間900万台近く作ってたら、そら不具合もあるかもしれません。


ただ、こんな騒ぎになる前に、事故になる前に、以前松下電器がやっていたガスストーブのリコールの問題みたいな対応ができなかったのか?と。思うわけです。

ネットでもその点たたかれてるみたいだし

以前あった、アメリカの現地社長のセクハラ問題の対応はいさぎ良かったのにな~


本当に残念です
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。