激裏失業保険の給付制限を解除する方法

激裏失業保険の給付制限を解除する方法 に関する情報を紹介しています。

失業保険戦略家一太郎の期間工6ヶ月計画

失業したら、期間工へ





失業保険戦略家一太郎の期間工6ヶ月計画TOP > スポンサー広告
> スポンサーサイト> 失業保険の裏技
> 激裏失業保険の給付制限を解除する方法
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すいません。 手を抜いてるわけじゃなく… (手抜いてます) 激裏情報というサイトにあった情報の一部です。参考にしてください。失業保険とググって40位にあります。 尚、責任は持てません。どうせダメもとでトライしてください。ちょっと過激なので一部文字伏せしてます。



 失業保険をすぐに貰い、しかも1年以上貰う方法です。 絶対条件 あなたが現在働いている会社で、雇用保険及び社会保険を6ヶ月以上掛けている事。年収400万円以下で扱き使われていて納得の行かない事。


 方法 まず、自律神経失調症か不安神経症になります。そして、会社を休み病院に行きます。この病気は、自覚症状だけでどんな検査をしても異常が認められない病気です。つまり、医者はあなたの言う事を信じて症状に合った精神安定剤や抗うつ剤を処方します。ですから、特に病院を選ぶ必要はありません。 神療内科か精神科に行けば、その日に1週間分の薬が処方されます。ですから、あなたの病気に対する知識と演技力が、薬の強さを左右する事は言うまでもありませんね。強いて言えば、あまり大袈裟に言うと入院させられてしまいますので気を付けて下さい。


 YAHOO!で「不安神経症」で検索すれば詳しい内容のホームページがあります。 次に、会社に病気になった事、その病気はストレスからきている様だという事を話します。1週間位、有休を使って休むと良いでしょう。そして、「今の体調では働くのが辛いし会社に迷惑を掛ける」と言って会社を辞めます。 ですから、給料の締日と有休の残りを計算して病気になると良いでしょう。社会保険証は、社会保険事務所の「医療継続の手続き」が終わり次第持って来ると言っておきます。 1週間位で(手際の良い会社だと3日位)離職証明書が送られてきます。離職証明書、社会保険証、診察券を持って社会保険事務所に行きます。受付で「病院にかかっているのだが会社を辞めたので、社会保険の継続の手続きをしたい」と言えば担当部署にまわしてくれて、手続き終了後「証明書を郵送します。1週間位で届きます。」と言われ終わり。 これで、あなたは初診日より5年間、何処の病院で診察を受けても同じ病気なら社会保険の対象で、精神安定剤や抗うつ剤、うまくすれば「ハ●シ●ン」を処方して貰えます。


ここからが本番です。 離職証明書、1年分の給料明細書及び賞与明細書を持って特に混んでいる時間帯にハローワーク(職業安定所)へ行きます。もっとも今はいつ行っても混んでいるでしょうけど・・・。茶髪、パンチパーマ等は厳禁。服装も質粗な方が良いでしょう。そしてできるだけ若い男性の相談員に狙いを付けて、失業保険給付の手続きをします。 ここが一番肝心です。女性、頑固そうな年寄りの相談員ではダメです。あなたは自己退職しているのですから、失業保険がもらえるのは3ヶ月後になります。ところが、言い方を変えるだけで1週間後から失業保険の対象になってしまうのです。 「体調を崩してしまい、病院に行ったら医者に「精神的なものだ。仕事でストレスが溜ったのだろう。少し休養しなさい。」と言われ、1週間程会社を休んで体調が良くなったので出社したが、なんとなく気まずくなってしまった。 医者に相談したら、「もう少し、神経を使わないで済む様な会社に勤めたらどうか。」と言われ退職してしまった。生活に困るので直ぐに働きたいが、慌てて就職しても、また神経を使って体調を崩しても困るので慎重に就職活動をしたい。」 以上の様な内容で話すと、若い男性の相談員は同情的になり、忙しい事も重なって「それでは、重労働の為、病気になって医者の判断で退職した事にします。病気で働けないと言う事になると困りますので、病院で労働する事ができる内容で診断書を貰って下さい。」という事になります。


つまりハローワークでの判断は自己退職でなくなってしまうのです。 自己退職でなければ、次の認定日にハローワークに行くことにより、退職後7日目から失業保険の対象として計算されあなたの口座に失業保険金が振り込まれるのです。



感想…なんか、激裏情報の調子の良さと無責任さが、一太郎に似ているような…まあ、実行しても法律に触れそうなことはなさそうなんで、職業訓練校活用で給付制限出来ない、もしくはしたくない方自己都合の壁を破る!!!を元にご自身でオリジナルストーリー作ってみてはいかがでしょうか?


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。