自己都合の壁を破る!!!

自己都合の壁を破る!!! に関する情報を紹介しています。

失業保険戦略家一太郎の期間工6ヶ月計画

失業したら、期間工へ





失業保険戦略家一太郎の期間工6ヶ月計画TOP > スポンサー広告
> スポンサーサイト> 失業保険マニュアル
> 自己都合の壁を破る!!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自己の都合で退職した場合は、待期期間3ヶ月無収入という壁にぶち当たります。一番お薦めは職業訓練校に入学。うまく入学すれば一発解除できす。ただし、あなたが以下のケースだと「正当な理由のある自己の都合による退職」にあたり、給付制限が解除されます。
●健康上の理由で職務が遂行できなくなった場合(うつ病、疾病、負傷、聴力、視力の減退など)尚、仕事上での負傷、プレス機にはさまれて指がなくなったなどは、まずは労災申請しましょう!!! 大金が入ります。

●妊娠、出産、育児のための退職で受給期間の延長を90日以上受けた場合(あまりメリットがないような…)それなら、会社を辞める前に健康保険から出産一時金の約30万はいただきましょう(これは配偶者つまりでももらえます)。さらに健康保険から出産手当金(会社を休職している間、会社から給料がもらえない場合、健康保険から給料の6割位もらえるしかも98日間!!!)。まだいろいろ出産にかんする特典がついてまわるので、出産を控えている人は会社を辞めずに休職にしましょう!!!その方が絶対お得です。

●家庭の事情の急変による退職(例:父、母の死亡、疾病、負傷により、自身の介護を必要とする時)規定がややこしいので職安で相談した方がいいです。泣きつけば少々審査も甘くなる効果も狙えるし…)

●配偶者または扶養家族と別居生活を続けることが困難になった場合

●通勤不可能または通勤困難になった場合(結婚に伴う転居。転勤や出向、または配偶者の再就職に伴う別居の回避、後、事業所が通勤圏外に移動した、鉄道などの廃止または運行時間の変更なんかも正当な理由になります。)

●2ヶ月以上にわたり、賃金の額が支払われるべき賃金月額の3分の2未満になった、または賃金の支払いが2回以上支払日より遅れた場合

●賃金が85%未満に減額された場合

●時間外労働を頻繁に強要された場合(ハローワークで詳しく事情をお話しましょう)

●労働者の生命または身体に障害が生ずる恐れのある法令違反について、行政機関から指摘されたにも関わらず改善されなかった場合

●いやがらせ、または退職に追い込むための配置転換など(営業から資料整理とか…)

●パワハラによる退職(同僚、上司からの故意の排斥、嫌がらせ)

●直接、もしくは間接に退職を推奨されたり、また希望退職者の募集に応じて退職した場合

●倒産がほぼ確実となった場合

●事業所の廃止により退職した場合

●事業縮小などにより大量の人員整理が行われた場合や、行われることが確実になった場合

●使用者の責めに帰すべき事由による休職手当ての支払いが、3ヶ月以上になり退職した場合

●事業主の業務が法令に違反したため退職した場合


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://chairman110.blog67.fc2.com/tb.php/45-3a89ef7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。