自己都合で退職してもすぐにもらう裏技!!!

自己都合で退職してもすぐにもらう裏技!!! に関する情報を紹介しています。

失業保険戦略家一太郎の期間工6ヶ月計画

失業したら、期間工へ





失業保険戦略家一太郎の期間工6ヶ月計画TOP > スポンサー広告
> スポンサーサイト> 失業保険の裏技
> 自己都合で退職してもすぐにもらう裏技!!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

給付制限って、しってますか?


 自己都合で退職する


、ハローワークで手続きした後、3ヶ月も待させられるやつです。


首になったら、関係ありませんが…


ところが、自己都合でも、給付制限期間をなしにする方法があったのです。その方法とは…


公共職業訓練校に入るだけです…


まじで、これだけです。


公共職業訓練校に入学すれば(ノバはだめです、あくまでハローワークがらみの学校です。)、 自己都合でも給付制限解除な上、受講開始日に失業手当がおります。


ちなみに、契約社員(期間工)は、7日待期です。この制度を利用すれば、さらに短縮できます。


派遣社員の皆さん、給付制限に泣いてませんか?


ぜひ、この制度を利用しましょう!!!


もちろん、無料です。


無料な上に、給料もらえて、自分のスキルアップも出来るのですから、こんなありがたい制度は…


 ぜひ、利用さして、いただきましょう。


 実はこの制度、ぜんぜん後ろ向きな発想でも、裏技的な利用方法でもないんですよ。


 雇用保険法の第一章の総則の目的の欄にこう書かれてます(一番最初の部分です。冒頭です。始まりのぶぶんですって…ひつこい?)



第一章 総則


(目的)
第一条 雇用保険は、労働者が失業した場合及び労働者について雇用の継続が困難となる事由が生じた場合に必要な給付を行うほか、労働者が自ら職業に関する教育訓練を受けた場合に必要な給付を行うことにより、労働者の生活及び雇用の安定を図るとともに、求職活動を容易にする等その就職を促進し、あわせて、労働者の職業の安定に資するため、失業の予防、雇用状態の是正及び雇用機会の増大、労働者の能力の開発及び向上その他労働者の福祉の増進・・・



まっ簡単にいえば、失業保険(雇用保険)というのは、そもそも、あなたの求職活動を容易にするためにある制度だから、あなたに足らなかったであろう、必要な能力を身につけるために教育訓練を受けている間は、失業手当を給付しますということです。(もちろん、教育訓練うけなくてももらえますが)


冒頭では、こうもいってます。


労働者が失業した場合 → ようは首ってこと


雇用の継続が困難 → 会社がつぶれた


↑のような人たちに本来適応される給付制度です。と


ということは、自分で会社を去った人たちはどうなるのか?


失業保険に頑張って入ってたので、あげますが、その代わり本来の趣旨とはちがうので、ペナルティーとして(←ちょっとへんかなぁこの比喩、)


3ヶ月待ちなさい


しかし、貴方が教育訓練うけるなら、本来の趣旨なので失業保険はすぐに払います。


そのように私は解釈しましたが、皆さんはどうですか?


わたしの解釈講義はどうであれ、


公共職業訓練校に入ればもれなく、給付制限がなくなり、手当てもあげますということです。(公共職業訓練がらみの裏技はまだまだあります。)


皆さん、公共職業訓練校に入りましょう!!!
↓       ↓         ↓


生涯職業能力開発促進センター一覧


後はハローワークに聞いてください
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://chairman110.blog67.fc2.com/tb.php/20-0c97607d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。