風と海の町。田原

風と海の町。田原 に関する情報を紹介しています。

失業保険戦略家一太郎の期間工6ヶ月計画

失業したら、期間工へ





失業保険戦略家一太郎の期間工6ヶ月計画TOP > スポンサー広告
> スポンサーサイト> 期間工日記
> 風と海の町。田原
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先週、休日を利用し田原地区に遊びにいった。初めての田原。豊田中心部から80キロ離れた町。期間工の約半分が飛ばされる地区。自分もいつ飛ばされるか分からないので、とりあえず下見にいった。
田原工場
三河港大橋から望む田原工場



ピンボケですいません。帰りに再度近くで撮影しょうと思ったのですが、道を間違えて、田原街道に出てしまい、壮大な工場の写真を撮り逃しました。

一言でいうとその存在感は、トヨタ系の工場ではダントツです。はっきりいって、観光スポットでも通用するくらい幻想的です。実際に働いていないから、言えることかも知れませんが、風力発電用の大きなプロペラ?が何本も建ち、秋晴れのすがすがしさも手伝って、思わず記念写真を撮りたくなります。

あの風力発電用のプロペラは田原工場からニョキニョキと出ているのでしょうか?私にはそう見えましたが。暗い奴と思われるかもしれませんが、今回の訪問は、トヨタ自動車の全地区の寮の写真を収めるためでした。朝8時に起き、大林地区から土橋駅のトヨタレンタカーまで徒歩で行き、途中道に迷い、6キロは歩きました。1週間は足引きずりました。が、80キロも離れた、田原地区に行けて正解でした。あの幻想的な工場風景を見れただけで、価値はあったと思います。まあ、真冬に行けばまた印象も違ったかもしれませんが…とりあえず、秋晴れの日に行ったのは正解でした。


第一田原寮
第一田原寮です。


まずは、田原寮周辺です。感想は、田原第一、第二、第三、第六は、ひとくくりで「田原第一寮」でいいのじゃないか?と思いましたが、いががでしょうか?田原地区の皆さん。同じ敷地内に1も2もないと思うのですが。なんか過剰に多くみせて意味があるのでしょうか?トヨタさん。



田原仮設寮
田原仮設寮です。


これが田原仮設寮です。私のブログの検索ワードで「田原仮設寮」「田原仮設寮」と何回もアクセスしてきた時期があったので、気になっていました。仮設なんて名前つけたら、初めての期間工員さん達は不安になるでしょう。「もしかして、プレハブ?」って思うじゃないですか。大丈夫です。ただの、田原和風寮です、多分。田原送りの人達が多くて、社宅を独身寮に改造しただけだと思います。襖仕切りの南京錠だと思いますが…プライベートが確保できない最悪タイプです。


後、滝頭寮、吉胡寮、高岡地区、聖心地区、丸山地区と周り写真を撮ったのですが、その詳細は、新しく作ったブログの方で(只今、準備中です)。後、今回は衣浦地区には時間がなくて行けませんでした。いつか行きます。完全制覇するぞ~




スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://chairman110.blog67.fc2.com/tb.php/102-a45691c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。